乳酸菌とは 乳酸菌を含んだ食品

乳酸菌とは、どのようなものなのでしょうか?

よくお腹に良いと聞く乳酸菌。
でも、どのようなものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

乳酸菌は、ヨーグルトや漬物などの食品を発行させるのに欠かせません。
「菌」とは、ついていますが、これは、生物学からみた細菌として特定の菌種を示すわけではなく、具体的には、発酵することで、糖類から乳酸を大量に生産しつつ、腐敗物質など悪臭の原因になるようなものを作らないもの。と、定義付けられているようです。
ですので、糖を分解し、最終的に乳酸を生産する細菌の総称と考えてください。

また、食品を発酵させるだけでなく、ヒトの常在細菌としても存在しています。
ヒトが病気をする直接的な原因として考えられているのは、口腔内に生息しているもの(虫歯の進行を早めるとされている)ぐらいで、消化器官内の乳酸菌はバリヤーとして機能していることもあり、「善玉菌」と表現されることもあります。

PR ひらいわ歯科(噛み合わせ治療の歯医者)
http://hiraiwashika.jp/
愛知県岩倉市大地新町1-31
ご予約:0120-648-840(フリーダイヤル)

さて、この乳酸菌の働きですが、最も沢山の乳酸菌が生息しているのは赤ちゃんの腸の中だそうで、病原菌からの攻撃を守る役割があります。
赤ちゃんの便がすっぱく臭うように感じるのは、乳酸菌がよく働いている証拠なのだとか。

免疫力を高めてくれたり、花粉や埃などのアレルギー作用を和らげたり、胃の組織を傷つける細菌として有名なピロリ菌にも有効ということが証明されています。
このように、人体への様々なメリットが実証されている乳酸菌ですが、どのように増やしたらいいのでしょうか?

乳酸菌が減っていく要因として挙げられているのが、食生活。
好き嫌いが多い人や、栄養バランスが崩れてしまっている人の腸内環境は、悪玉菌が繁殖するのに絶好な環境となってしまいます。
他にも、お肉が大好きで、肉類中心の食事をしているかたは要注意です。
悪玉菌の大好物が、お肉といわれており、消化不良とされたお肉は、腸にいる悪玉菌のエサとなります。

そのため、上記のような食生活は改めて、ヨーグルトなどの発酵食品を適度に食べるのが良いようです。
プラスとして、ごぼうなどの食物繊維を多く含む食品と乳酸菌を一緒に食べて、老廃物を外へ排出することを心がけてみては、いかがでしょうか。
ただし、食生活だけでなくストレスを溜めて自律神経に影響を及ぼしてしまう状態になるのも悪玉菌が増殖する原因になると指摘されています。

善玉菌が増えやすい食生活に改善しつつ、ストレスを解消できる生活環境を整えることが、健康的な体への大きな一歩ではないでしょうか。